Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
COUNTER
   合計  
   今日    
   昨日    
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
最悪ではないから。

昨日の朝、ひざに乗ってきたトトロを網に入れた。

 

あまりに暴れるので、ファスナーを閉められず、

 

網の入り口を絞って、キャリーに入れた。

 

これで、予防接種をすれば1年間過ごせるはず。

 

はずだった。

 

病院に行って、待つこと1時間、

 

診察台に乗せて、私が扉を開けた途端、

 

逃げた。

 

看護婦さんが慌てて出入り口(内ドアがないので外へのドア)に

 

鍵をかけた。

 

私は追いかけて、つかもうとするのだが、トトロのすばしっこさは

 

私には稲妻のよう。

 

レントゲン室に逃げ込んだトトロ。

 

先生がこれで外には出られないから安心と言ったが、

 

二畳ほどのレントゲン室兼物置は、

 

棚に物が多く、上下に飛び回るトトロは捕まらない。

 

棚の物を蹴散らし、

 

天井近くの鉄の棒にしがみついたトトロ。

 

鉄棒運動してるみたいだったよ。

 

そこで、ジャーっておしっこ。

 

レントゲン台の上に乗って捕まえようとしたら、

 

下に落ちた。そしてまた棚の奥に。

 

手を伸ばしても触れない。

 

キャリーは狭すぎて入らない。

 

私もパニック。

 

どのくらい時間がたったか?

 

その間、病院のドアは鍵かけたまま、

 

つまり患者が入れない。

 

泣きたかった、私もたぶんトトロも。

 

幸運にも後ろ足を捕まえることができた。

 

トトロ、噛みつく、ひっかく、蹴る。

 

トトロ命がけ。

 

私も必死。

 

絶対離さない。

 

そのまま看護婦さんがキャリーを開けてくれたので

 

押し込んだ。

 

放心状態で診察室に出たら、

 

先生が「今日は興奮状態だからあきらめましょう」

 

看護婦さんが「網に完全に入れて来てください」

 

悲しくて残念。

 

先生が、傷を洗えという。

 

看護婦さんが、バンドエイドを貼ってくれた。

 

でも病院に行けという。

 

 

Eちゃんが、私を見て笑う。

 

顔に二か所、耳一か所傷が。

 

顔の傷は全然平気。

 

腕の青たんが痛い。(ひっくり返った時の物)

 

右手首と左手のひらから出血したんで、抗生物質飲んでる。

 

足は腫れたが、大したことないって。

 

今日、血液検査するから来なさいって。

 

でも今回は痛くないから大丈夫だろう。

 

 

そして、トトロは帰ってから逃げ回り、

 

一昨年の12月連れてきた時のように

 

鳴いて、廊下に出ようとする。

 

ご飯も食べなかったが、昨夜私が早々二階に行ったら、

 

食べたらしい。

 

 

今朝は食べたが、母親を呼ぶような鳴き方は相変わらず。

 

落ち着きがない。

 

勿論私から逃げる。

 

病院のレントゲン室片付けるの大変だっただろう。

 

ちっこもしてたし。

 

でも最悪ではない。

 

間違っていたら、道路に出て引かれていたかもしれないし、

 

迷子になっていたかもしれない。

 

それに比べたら、無事に帰ってきたんだからいいとしよう。

 

posted by: 福桃 | | 09:57 | comments(7) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:57 | - | - |-
大変だったね〜。ちっこまでしたか。
千葉県は「破傷風」風土病だから、シロが引き付けたとき馬鹿な私が咬ませた手の消毒に行ったら点滴や抗生物質、破傷風の注射までされたよ。口の中は雑菌だらけなんだって。だけど人間の口の中が一番汚いんだって。
先生言ってた。ってことは夫婦喧嘩でもして咬まれた人も多いっちゅうことか?
それ聞いた帰り道、ちょっとクスッとなったよ^^
| junko | 2017/03/07 2:38 PM |
わ〜凄い事になったんやね。
トトロちゃんも怖かったんだね。
家の子達もキャリーに入れるまでは
大暴れするけど、病院に着き診察台に
乗せれば借りて来た猫に変身するよ。
先生は「良い子だね〜」って言って
くれるけどね。
junkoさんも仰ってる様に
猫の口は思っていた以上にばい菌だらけなんだって。
予後が大事だから呉々も大事にしてね。
| くーたん | 2017/03/07 3:45 PM |
まぁ!すごい経験でしたね〜
傷があとから痛くなったりするので お大事になさってください。
私もルーク捕まえるのにネットのファスナー閉めずに連れて行って獣医さんの診察室とレントゲン室メチャメチャにしちゃったことあります。でもその時は先生が魚をとる網みたいなので捕まえてくれましたよ。飼い主さんが怪我するなんて大変でしたね。
トトロちゃん 野性味たっぷりだけどかわいいですね。何日かすればまた落ち着くでしょう。
しばらく見て見ぬふりでそっとしとくかな?


| majyosan | 2017/03/07 3:51 PM |
あらま〜、せっかく連れて行ったのにたいへんなことになりましたね。
外に出ちゃったのかと思ってビックリしました。
トトロちゃんも怖かったべなー。
福桃さん、傷だいじょうぶかなー?
猫引っ掻き病ってのがあるから気を付けてくださいね。
でも抗生物質飲んでれば大丈夫ね。お大事にしてください。
予防接種はトトロちゃんが落ち着いてからまた行ってね。
きゃーは予防接種はせずに(避妊手術する前にしただけかも^^;)
19年半生きました(=^・・^=)←自慢にならないですね。
| 猫にゃん | 2017/03/07 4:57 PM |
トトロぼっちゃん・・・やっちゃいましたね。
怖かったんだねぇー、死にもの狂いで抵抗しちゃったんだねぇー。
うん、気持ちはよ〜〜くわかるけどまんまは君のことを思って病院へ連れていくんだから、逆に君がまんまを病院送りにしちゃダメだよ。

傷、化膿なんかしちゃったら大変ですからお大事にしてくださいね。
| あんこ | 2017/03/07 8:23 PM |
わ〜ん、福桃さん大変でしたね
トトロ君相当ビビりさんですね
噛まれながらもトトロ君を捕まえた福桃さんに頭が下がります

家も数年前、チー子とペコが大げんかした時、私がペコを叱り興奮していたペコが
私をガブリ!手首だったんですけど直ぐ外科へ行き注射ををしてもらいました
思ったより早く治りましたが痛かったです
猫から噛まれると大体化膿しますから気を付けてくださいね

我が家の猫達は家に来て数年予防注射をしましたが、ここ数年行ってません
今の処、高齢のチビ意外は感染病など罹ってません
予防接種に行った方が良いにきまってますが、あまり無理をしない方がと思います
| クニ | 2017/03/08 1:25 AM |
お返事です。

junkoたんへ
以前に福に噛まれた時は、手が灰色になって一晩寝られなかった、外科に行ったら、馬鹿にするんじゃないよ、ばい菌だあけなんだからって叱られた。馬鹿にしてないよねえ。
点滴は4日目くらいに明日まで待ってだめなら点滴だって言われtけどしなかったよ。
破傷風までしたかあ。
人の口が一番危ないかあ、痴漢に襲われたら噛めばいいんだな。襲われないけど・・・

くーたんへ
今まで、診察台で暴れた子はいなかったんだ。
不注意だった。
トトロは、固まらないで逃げる子なんだね。
これからは気を付けるよ。
すぐに病院に行ったし、痛みがなかったんだ。
福に噛まれた時は、一晩中痛くて寝てなかった。
腕が灰色になったよ その時は。

でも今度は大丈夫、3日行ったら、明日は休んでいいって。

majosannさんへ
魚取る網みたいなの、出してくれなかったよ。
欲しかったなあ。
お母さんが一番いいからって一人と1匹にされた。
思い出してもぞっとする。
昨日のお昼頃から、普通。
時々「はっ!」として、逃げますが。

猫にゃんさんへ
んだよ、キャリーに入れた時の心境と正反対。
気長に網に入れられる時を待ちます。
先生も完全室内飼いなんだから無理しなくて手もいいよって、でもね、菜々が受けなかったから3種混合の中の病気になったの。かわいそうだったの。でもどうしてそうなったかはわからない。
外に出るのは私だけだから、私がウイルス持ってきたんだよねえ。

あんこさんへ
そう死に物狂いって表現ぴったり。
今回はすぐに病院に行けたし、前回ひどくなった時とは違う感じがするの。
なぜか、フリース3枚着て行ったんだよね、だから腕なんかかなり噛まれたけど全然平気。
出ている場所だけでした。


クニさんへ
病院閉鎖してたんだ、やばいよねえ。
捕まえなかったら、患者さんは入れないんだよ。必死になるよ。
注射した方が良いのかなあ?外科の先生薬と傷を
固まらせないようにごしごしするだけ。
それでもだめなら、点滴って言われた。
トトロの予防注射、焦らず根気よく時を待ちます。
| 福桃 | 2017/03/08 7:13 PM |









この記事のトラックバックURL
http://nekodaccha.jugem.jp/trackback/1766
トラックバック