Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
COUNTER
   合計  
   今日    
   昨日    
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そら頑張ってるよ。

そらの手術から1か月がたちました。

 

病院の先生が抜糸を終えたら、そらに負担がかかるから

 

点滴だけ取りに来るといいよと言う。

 

1週間一緒にいてくれるかな?と思っていたのに。

 

うれしい頑張り見せてくれています。

 

上も下も猫用暖房。夏だけど寒いらしい。

 

下はさすがに温度調節のため何枚も新聞紙敷いてる。

 

お腹を守るため術後服は、必須。

 

Tシャツの切りっ放し。嫌がらないで着てくれています。

 

ウンチは出っ放しなので、4時間ごとに交換。

 

お色直しです。

 

 

玄関前に干しているので、ご近所さんが「なぬ?」って。

 

友人のc子は、「このぼろ なぬ?」って。

 

食欲増進の薬を塗ってもそれほど食べません。

 

でもウンチが出てるってことは、少なくても食べてはいるって事。

 

無理には食べなくていいよ。好きな物だけね。

 

食べたいもの言ってくれたらいいのになあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 福桃 | 猫闘病記 | 16:03 | comments(5) | - |-
神経質になってしまうのは理解できる。

昨夜猫友きらりんが皆さんに発信してほしいと頼まれたこと。

 

友人の猫が胃が荒れ、発熱した。

 

病院で原因と言われたことは、

 

飼い主がコロナの件で神経質になってステイホームしていたのに、

 

アルコール消毒を一日に何度もし、その手で猫に触っていたことだった。

 

消毒液は人間にとって無害でも、体が小さい猫にとっては大量に摂取したことになる。

 

考えもしなかった。机の上をアルコールで拭いた方がいいかな?と一度やったが二度目は忘れていた私。

 

アルコールは飛んで行ってしまうものと考えていたが、お酒のアルコール分は沸騰させないと飛ばないよね。

 

 

 

さて、そらの事。

 

手術して1週間もつかなあと考えていたのに、

 

食欲はあるんです。病院で抜糸してきました。

 

体重は2,4キロ。減っていました。仕方ないね。

 

ごく最近できたアメリカの薬で食欲増進剤、耳にすりこみます。

 

飲ませるよりいいかなとそれを買ってきました。

 

効くまでに30分ほどかかりますが、持続時間が長い。

 

(以前の薬より)

 

それに、胃に負担がないし。良いです。値段は良くないですが。

 

二日に一度しか使えませんが、今日は使わない日、でも食べてくれています。

 

術後服も改良を重ねて、今はこれです。

 

 

お尻もカバーするようにして、ウンチはおりものようナプキンでカバー。

 

体が汚れなくなりました。

 

夜も一度だけ見に来るけど、大丈夫です。

 

 

平王子様はそらに興味津々。

 

そら頑張ってくれています。

 

 

posted by: 福桃 | 猫闘病記 | 13:27 | comments(6) | - |-
そら頑張ってます。

そらの食欲は、今日もあります。

 

ちゅーるあまり好きではなかったのに、出せばすぐ食べます。

 

療法食は食べてくれません。でも好きなものだけ食べればいい。

 

今朝そらは半分服を脱いでました。

 

ウンチまみれです。それでも服にウンチが付く分体には少ししかつかないからいいね。

 

服を取り換えるのに慌てしまって、うまく着せられませんでした。

 

改良が必要だね。上下左右直ぐわかるように、脱げないように。

 

 

この二種類、全部で9枚作りました。

 

まだまだ改良しなくちゃだけど、楽に動けるように、楽に着せられるようにしたい。

 

右の服紫に見えますがピンクなんだよ

posted by: 福桃 | 猫闘病記 | 11:23 | comments(3) | - |-
ステロイドの怖さ

そらは、食欲が出た。食欲増進の薬飲まなくてもだ。

 

嬉しいなって思っていたら、お腹が切れて腸がとびだしているんで、

 

びっくりして病院へ。

 

先生は初め、皮膚だから消毒して抗生剤で様子見しようと。

 

ほっとして治療が終わるのを待っていたら、

 

腸がでていたので緊急手術だって。なんなんだあ。

 

手術に耐えられるか検査をしてできることになった。

 

一晩入院。

 

翌日病院に迎えに行ったら、昨日縫い合わせた内部が切れたと。

 

筋肉を縫い合わせて内臓を抑えるのだが、筋肉がほとんどないそうだ。

 

皮膚も薄くなっているから切れて、腸が出てきたのだそうだ。

 

すべてステロイドの副作用。

 

長く使いすぎた。

 

使わなければ下痢はひどくなり、食欲もなくなる。

 

二度目の手術は筋肉の代わりをするネットをいれる。

 

ネットの拒絶反応や皮膚と筋肉の薄さでどこが切れてもおかしくないそうだ。

 

二晩入院して今朝連れ帰ることができた。

 

爪を切ること、ずっと術後服を着用すること。

 

薬を必ず飲ませること。

 

食欲や下痢はもう仕方ない。

 

穏やかにすごせることだけ考えようと思ってる。

 

二日間食べてないから食べさせてくださいねと先生は言うけど、

 

食べないだろうなあ。

 

それが、食べるんです。そらにしてはかなり食べてくれました。

 

さっそく5分でできる術後服とやらをネットで見つけて造りました。

 

 

 

 

包帯が隠れないんだよ。

 

直ぐ洗濯することになるので、今度はもっと大きく作ります。

 

 

posted by: 福桃 | 猫闘病記 | 15:07 | comments(4) | - |-
そらの病気は

3年間、何度もステロイド注射で完全ではないけど、

 

食欲が増してステロイド無で暮らす生活を送ってきたそら。

 

今回はもう何か月もステロイド続けている、改善されていないので、

 

思い切って3日間ステロイド止めてみた。

 

全然食べなくなってしまって、病院に連れて行った。

 

組織検査は拒否したので、エコー検査だけの診断なので、100%ではないけど、

 

リンパ腫だろうと。

 

超低速な腫瘍。

 

ステロイドの注射の影響で、毛が抜ける。

 

でもステロイド注射は穏やかな生活に必要だとのこと。

 

 

固まってしまったウンチまみれの下半身を病院で洗ってもらった。

 

尻尾の先と腰のあたりは拭かせてくれるけど、足や尻周りは触らせてくれないんだ。

 

すぐまた同じ状態になるけど、気持ちよさそうだった。

 

 

左の薬は上から整腸剤と下痢止め。これは病院で出してもらった物を

 

ネットで購入した。

 

その下は、サプリ。私の自己満足だと思う。

 

鋏のようなものは、経口投薬器。その隣がステロイド注射。

 

後は点滴用。

 

毎晩何度か起きてシーツにしている新聞を取り換えるんだけど、

 

生きてるかな?って思う。

 

でもね、錠剤を飲ませようと網に入れて腿で抑え込んで

 

口を開けるんだけど、抵抗の力がすごい。

 

そして舌を早く動かし 顔を振るので薬は飛び出すし、

 

何度もしている内に手に鬼歯が刺さって、痛いのなんのって。

 

だから投薬器買った。怪我はなくなった。

 

でもね、抵抗する力が そらはまだまだ大丈夫って思わせてくれるんだ。

 

肛門が赤く腫れて 舐めるから血が出たりする。

 

ちょっと前まで、ウエットしか食べなかったのに、今は子猫用のカリカリだけ。

 

ほんの少しだけど 食べてはくれる。

 

ウンチは、四六時中 肛門からたらたらとでている。

 

薬だけは、強制的だけど 他はなるべくそらの意向に合わせようと思ってる。

 

そんな中で、平ちゃんが癒してくれてますよ。

 

 

 

 

 

posted by: 福桃 | 猫闘病記 | 10:44 | comments(8) | - |-
平ちゃん1歳になる。

桃母さんが大きなお腹で最後にやってきたのが、17日。

 

翌日は来なくて、19日にはぺしゃんこのお腹でやってきた。

 

だから平ちゃんの誕生日は18日と決めました。

 

 

生まれてくれてありがとう。うちの子になってくれてありがとう。

 

引き出しも開けることができます。ここは鍵をかけています。

 

 

トトロ兄ちゃんとも仲良しです。??

 

大きな尻尾もますます大きくなりました。

 

誕生日のプレゼントは、ちゅーる。

 

5秒で終了。

 

太らせないよう先生に言われたから、ごめんね。

 

1本でおしまいだよ。

 

家にいて猫三昧の私にとっては、

 

外出自粛も気になりませんが、世間ではコロナ離婚さえ出始めたとか。

 

一人と5匹、本当に猫に感謝です。

 

そらは、また食べなくなってます。

 

肛門の腫れやウンチまみれの足腰、

 

どうにかしてあげたくても嫌みたいなの。

 

心が重くなっても、平ちゃんが癒してくれる。

 

 

どんないたずらも、この可愛さが解決します。

 

可愛いねえ。平ちゃん。

 

 

posted by: 福桃 | | 10:40 | comments(3) | - |-
猫三昧の日々

世の中大変なことになってます。

 

引退した私の生活は、それほど変わっていない。

 

運動療法がお休みになって、運動不足ですが。

 

動物病院と猫缶の買い出しは必須。

 

眼科にも行きましたが、自分の唾液でむせてしまって、

 

ごほんごほんしたら、周りが居なくなりました。

 

もちろんマスクもしたし、腕で防いだんですよ。

 

東北も時間の問題でひたひたとコロナが押し寄せています。

 

そらは300g増えたのですが、ステロイドと抗生物質毎日だから

 

決していいわけないね。

 

でも食べます、すぐ飽きてしまうので赤ちゃん用のカロリーの高いパウチ

 

いろいろ買ってます。それをミキサーにかけて胃腸薬を入れて出してます。

 

 

水切りマットだから、平ちゃんどけてと言ったら、

 

不満顔。

 

一人暮らしだからまっいいいか。

 

4時半には夜が明け始めるので、

 

平ちゃんに起こされます。

 

夜中2回はそらのシーツ取り換えに起きるんだから、

 

もうちょっと寝かせておくれとお願いしてます。

 

 

ライオン平ちゃん、可愛いね。

 

そうそう、雑ですが、マスク作ったよ。

 

いい加減ですがね。

 

 

posted by: 福桃 | - | 10:37 | comments(2) | - |-
王子様

我が家の癒し隊長 平ちゃん。

 

コロナ騒ぎで、猫三昧の私を忙しく働かせてくれます。

 

観葉植物を転がし、うんち切れが悪くて、落として踏み、

 

掃除機は、毛詰まり。

 

掃除してもふわふわ平ちゃんの毛舞ってます。

 

上の写真の全体像は、

 

 

はみ出しています。

 

 

こんなだったのに、数倍になった。

 

毛も伸びてゴージャス。

 

可愛いのは、ずーっとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 福桃 | | 10:46 | comments(2) | - |-
そら食べてくれます。

毎晩そらの様子を見に行きながら、

 

生きててくださいって願ってた。

 

食べないから、そろそろお刺身かなあ?なんて考えてたけど、

 

下痢がきつい子にお刺身出す勇気がでない。

 

3度目のダメかもしれないと思った時は、健康缶だったけど、

 

あれ食べないしなあ、でももしかしたら?

 

健康缶の子猫用、42カロリーもあるからダメもとで買ってみた。

 

 

これ2個から3個食べてくれるんですよ。

 

少し固形物が入っているんですが、それは残す。

 

私の贔屓目か?元気になってきたような気がする。

 

ただ、下痢で下半身がウンチまみれは相変わらず。

 

赤ちゃんのおしりふきで、湿らせてブラッシングするけど、

 

毛も一緒に抜けてくる。だから嫌なんだろうな。

 

無理はしない。

 

毎日朝晩網に入れて薬の投与、その時に肛門に近い場所の

 

ウンチで硬くなってる毛を切ろうとしたら、

 

暴れるので、やめた。

 

仕方ないね。

 

今日は点滴の日。沢山食べて、体力つけて下痢が収まるといいな。

 

 

今日の写真

 

 

桃ちゃん、家猫修行中。なかなか頑固ですよ。

 

桃ちゃんから生まれた平ちゃん。

 

大きい、長い、太い。

 

 

posted by: 福桃 | 猫闘病記 | 10:52 | comments(3) | - |-
そらの事

3度目も乗り越えたと思ったけど、

 

調子二週間で悪くなった。

 

ベットにうんちするから、尻尾がウンチまみれ。

 

それを綺麗にしようとはしない。

 

この1週間は、下半身もウンチまみれ。温めているので、毛に付いたウンチはカピカピになる。

 

尻尾と腰あたりはどうにか拭かせてくれるけど、後ろ足は嫌がる。

 

本猫が気にしないから、嫌がることはしなくてもいいかなあとそのまま。

 

今朝は、点滴+ステロイド+下痢止め+食欲増進薬、薬まみれだね。

 

食欲増進の薬は、精神科の薬らしい。だから食べない時だけなんだが、

 

毎日飲ませたいが、二日に一度にしている。

 

お陰で、

 

 

食べようとしている。でもほんの少しなんだ。

 

カリカリも珍しい香りの物だけ、それも5粒くらいだ。

 

3時間ごとにベットシーツ(新聞)を取り換える。

 

看護が辛いわけじゃない、どんどん痩せていくのを見るのが辛い。

 

元々軽いのに、抱き上げるたびに悲しくなる。

 

でもでも、心の準備の時間は沢山もらったから、

 

そらが、快適に過ごせればいいね。だけど、肛門が痛そうなんだ。

 

私の元気の素は、

 

 

この子でござる。

 

毎朝、うちの子になってくれてありがとうって言ってます。

posted by: 福桃 | 猫闘病記 | 11:18 | comments(4) | - |-